まとめ連合

元嫁に引き取られた娘が元嫁に洗脳されて俺を憎んでいた。洗脳が解けた娘に謝罪されたが、何の感情も湧かなかった



1e0f5449-s




引用元: 【悪夢】最悪の出来事を語るスレ【修羅場】5人目©2ch.net

343: 名無しさん@HOME 2016/05/25(水) 23:24:03.36 0
私の冷酷な態度に嫌悪感を抱く方もいるでしょうが、

書き残させて頂きます。





離婚した元妻に引き取られ、

会うこともままならなかった娘から不意に着信がありました。

久しぶりに連絡を取るので緊張しているのか硬い声で

「結婚の報告をしたいから会って欲しい。」

私はとても喜びました。
  • 次の週、少し離れた元妻の地元へ足を運び待ち合わせ場所の喫茶店に入りました。

    応対した店員に娘の席を確認し、心を弾ませながら案内された席に向かうと

    そこには元妻から送られてきた娘の成人式の写真より

    ずっと綺麗になった娘が座っていました。

    私は娘の向かいの席に座り笑顔で話しかけましたが、

    娘は私を睨みつけ一言も喋ろうとしません。

    娘の目を見ると、その奥底から滲み出て来るような恐ろしい憎悪を感じました。



    私は落ち着いて姿勢を正し、何故そのような目で私を見るのか理由を問いました。

    すると娘の口から信じ難い言葉が出て来ました。

    「私が不倫し、元妻と娘を捨てた。元妻がどれだけ苦労したか分かっているのか」
    344: 名無しさん@HOME 2016/05/25(水) 23:24:38.55 0
    私は娘が何を言っているのか分からず頭の中が混乱しました。娘は構わず

    「あなたを父親だとは思っていないし会うつもりも呼ぶつもりも無かったけど

    周りが煩いから会いに来た。」

    さらに畳みかけるように

    「これまで何もして来なかったのだから最後くらいお金は出して欲しい。」



    私が家庭を疎かにしたことを何度も頭を下げ、

    心から謝罪をし幾度も復縁をお願いしても頑なに断ったのは元妻のほうだ。

    再婚はしているが不倫は断じてやっていない。

    元妻が娘に会わせようとしなかったが娘の為に養育費は出来うる限り出した。

    私は怒りが湧き、声を荒げ強く否定しようかと思いましたがここは公衆の場。

    人様に迷惑がかかってはいけない。

    そう思い必死で怒りを抑えました。



    私は「いきなり答えを出すことは出来ない。時間を貰いたい。」

    そう言って一旦別れました。

    その日から私は落ち着いて熟慮を重ね、

    私を恨んでいるのは元妻らが私を悪く教え込んだせいで娘は悪くない。

    娘の為だから費用は当然出す。

    娘と元妻の関係は良好で、大切な結婚式を前に私が騒いで関係が拗れてはいけない。

    結婚式にも披露宴にも出ないが娘の晴れ姿だけはどうしても見たいから

    周りに気付かれないよう披露宴を見せてもらう。

    娘が幸せになってさえくれればそれでいい。

    真実は落ち着いた頃に誰も傷つけないよう巧く話そう。

    私は身勝手で、屈辱的な受け入れ難い要求を条件付きで呑むことを決めました。
    345: 名無しさん@HOME 2016/05/25(水) 23:25:35.27 0
    娘との面会以来塞ぎ込みがちになっていたのを心配していた妻に丁寧に経緯を話し、

    結婚費用の過半を出すことの了解を得、

    三週間後、前回待ち合わせた喫茶店で娘にそのことを話し

    渋々ながらも同意を得ることが出来ました。



    数か月が経ち娘の結婚式の日、

    約束通りスタッフの方の誘導で披露宴会場の目立たない場所から娘の晴れ姿と

    誠実そうな新郎を見て安心し会場から立ち去ろうと思いましたが、

    どうしても娘に直接お祝いの言葉とご祝儀が渡したく、

    スタッフの方に娘と二人きりで話せるようお願いしました。



    披露宴も終わり、娘が控室に戻った時刻に娘へ連絡を取って頂き

    スタッフの方の計らいで用意された会議室で待っていると、

    娘が入って来ましたが心底迷惑そうな表情でした。

    ある程度予想はしていたものの、

    私の祝福の言葉にもご祝儀にも冷ややかな反応しか示さず、

    二次会があるからと言って出て行こうとする娘を見て瞬間的に、

    「このままでは娘に会えるのはこれで最後になるかもしれない。真実を話そう。」

    無我夢中で娘の前に回り込み思わず両肩を掴みました。



    その瞬間、娘は凄まじい嫌悪感を浮かべた表情になり

    「触らないで!」平手打ちをされ、私は頬を手で覆いました。

    娘は一瞬ハッとした表情を浮かべましたが

    すぐに気を取り直して「もう二度と会わないで。」

    そう言い残し、会議室から出て行きました。

    私は口の中を切ったのか、頬を押さえていた手に血が付着しているのを見て 

    心の支えにしていた大切なひとつが完全に崩れ去るのを感じました。



    おすすめ記事情報



    まとめ連合