まとめ連合

嫁が病気であっけなく亡くなった。嫁との良い思い出ばかりが頭を走馬灯のように巡って鬱気味…こんな格好悪い姿、子供に見せるわけにもいかない


>
811df974feec97969439b82c737b75e5

引用元: 【夢でもいい】嫁に先立たれた奴集まれ 3 【会いたい】

936: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/13(月) 15:22:33.11 .net
誰かに話そうにも誰にも話す相手もいないのでここで吐き出させて下さい。

私は28歳で嫁が30歳で1カ月前に嫁が病気でなくなってしまいました。

高3の時に知り合って付き合って20歳婚約しに行く時、

親父が大柄の外人でびっくりしたっけ。

ろくな仕事にもつけなくて貧乏暮らしだったけど

嫁はそういう生活や収入面の事に関しては

一度も愚痴をこぼした事がなかった。
仕事から帰って嫁のキレイな笑顔を見るだけで毎日元気だった。

思えば凄く苦しい事もあっただろうにそんなそぶりは何も見せてなかったなー。

大人の本などすべて禁止携帯もすべて把握されて尻にしかれっぱなしで友人に

愚痴ばかりいってたけど今思えば俺には完璧な嫁だったよ。

関係も良好で家族も仲良かった。

子供は私に気を使ってくれてるししっかりしなきゃって



あっけなくいってしまったので亡くなってしまった時は涙も出なかったのに

ここ最近毎日のように男の癖に独りで夜中布団かぶって泣いてます。

良い思い出ばかりが頭を走馬灯のように巡って鬱気味です。

こんな格好悪い姿、子供に見せるわけにもいかないし

これから上手くやっていけるのか

子供は片親で虐められないだろうかとか…



再婚とかもまったく考える気持ちにならないし、

もしいいと思えるような人が俺みたいなくず野郎に現れたとしても

亡くなった嫁を超える事があるんだろうか



皆さんどうやって乗り越えていってるんですか。心臓が痛い。

こんな自分が情けなくて情けなくて

遺品も皆さん確認してるんですか?嫁の日記やノートなど怖くて見れません。

これ以上ダメージを負ったら再起不能になりそうで…

夢にも嫁がよく出てくるし最近眠れない。
938: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/13(月) 23:08:46.81 .net
>>936

もうすぐ二年の40代小梨



全然乗り越えてない

部屋はほぼそのまま 無いとは思うけど

何かメッセージが出てきたりするとダメージ大きいので整理できない



再婚はする気ないししろとも言われないだろうし 

そもそも相手がいるわけないから心配ない

後悔はあるけど別にやり残したこともないのでさっさと死にたいけど

自殺はやっぱり周りに迷惑だからなー

死ぬまでの暇つぶしとしてだけ生きてる



子供がいれば違ったろうと思うけどどっちがいいかはわからない



夢にはめったに出てこない

たまに出てきても生前と同じようにロクでもないことしてる俺に

目覚めてから激しく自己嫌悪する
939: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/14(火) 07:56:41.65 .net
>>938

やはりそうですか。

上司に私の最近様子がおかしいからかしばらく会社休めって言われました。

運動すれば気が晴れると思ってサッカーしに公園行ったら嫁の友達が子供

と一緒に歩いてるところにばったり会って話しました。

その人は離婚してるんですが、生活保護を受けるくらい苦しい生活してるのに

強く生きてる感じでふっきるしかないと言ってましたけど

自分よりよっぽど強い人間なんだなって思いましたよ。



サッカーしたのも逆効果だった高校時代部活終わって車で嫁が迎えに来た

事思い出しちまった。

私は子供がいる分少しはマシなのかもしれません。

きちんと育てないといけないので自殺は考えてませんが、この毎日のように

心臓を鷲掴みにされるような苦しみから早く脱したい。



2年経ってもその状態なのであればやはり当分私もしばらくは苦しむかも

しれないですね。嫁の所持品は見ない方が精神衛生上いいのかもしれませんね

見たい気持ちもあるんですけど見たら後悔しそうだし。

子供と休日に旅行でも行ってみようかなぁ



あぁ会いたいよ。ホントに大好きだった。

大人の本とか見るなって言ったくせに。

ムラムラするなら私に当たってって言ったくせに。

なんでいなくなるんだよ。

毎日かっこいい大好き、一生離れないって言ってたじゃねーか。嘘つき

あんなに元気だったのに…



今のクマだらけで髪ボサボサの無精ヒゲの俺を天国から見て悲しいのかな

俺頑張るから最後にもう一度だけ会いたい。

おすすめ記事情報

まとめ連合

コメント

  1. 名無しの墓場

    想像するだけで耐えられない

コメントを残す