まとめ連合

【後悔】俺「今の彼氏と別れて俺と結婚しよう!」→若気の至りだったんだ・・・

33: 1: 2010/08/05 (木) 01:40:45

新生活が始まったあたり、お互いの親に会いに行こうという話になった。
これは当然のことだと思うのだけれど、妻は了承しない。
俺の親には会うけれど、自分の両親、特に父親には会わせたくないというか、自分が会いたくないというのだ。
それは、俺が困る。結婚を前提としているから、ちゃんと お前の両親に会って、挨拶をしなけりゃならん。
ってことを伝えると、それは必要ないから。大丈夫だから。
と、何が大丈夫なのか分からないことを言った。

詳しく問い詰めると、父親のことがころしたいぐらい憎いらしい。
つい最近、義理の親父さんは、大動脈瘤で入院したんだ。
でも、やっとタヒんでくれると思い、嘘笑いじゃなく、本気で笑ったらしい。
それ聞いて、俺はぞっとしたけどね。

話が逸れた。
俺の両親には、先に電話で、結婚したいと思える人ができたから
今度紹介するよってことを伝えた。
すっげ喜んでくれて、ぜひ会わせなさいと言う話なった。
わかった、連れていくよ、という話をしてその電話は切った。
ちょうど、そのあと、妻が実家に戻らないといけない用事ができ、
じゃ、俺も付いていく、ということで、かなり妻に嫌がられたが行くことになった。
ドタバタだったけれど、俺は妻の両親にちゃんと会って挨拶をすることができた。
向こうの両親もすごく喜んでくれて
親父さんは、こんな娘だけど、よろしくって言って、握手してくれた。
すごく、気のいいおっちゃんだった。

俺は、実父にそのことをすぐに報告した。
父は、良かったじゃないか。お母さんにも伝えとくよ。
ということで、電話は切れた。
そのあと、騒動が起きようなんて、思ってもみなくて
妻が、俺の両親と最後まで馴染めなくなる理由が、生まれるのだ。


34: 1: 2010/08/05 (木) 01:50:35

名古屋に帰る道で、母がヘソを曲げ、泣いている。
息子に裏切られた。情けない。
と言っている。
という父からのメールがあった。
は??なんで??と思い、母にメールしたが通じず。
電話したが通じず。
というか、電話に出るのを拒否してた。

俺は、かなりイラついてしまったのを覚えてる。
その隣で、妻が怯えていたのを覚えている。
妻は、人が怒るところ、ドナるところ、イラついているところ
そういうのを見たり聞いたいすると、弱っていく。
どんどん鬱状態になっていくと、聞いていた。

俺は、何度目かの電話で母がやっと電話に出て、話を聞いた。
要約すると、順番を飛ばして、なぜ嫁となる人の家に先にあいさつに行ったのか。こっちが先だろうが。
という、まぁもっともな話だった。
妻曰く、嫁扱いされるのが嫌なのだそうで、ようするに、所有物のようになってしまうのが、すごく嫌なんだと。
なので、結婚というものに対しては反対で、名前も夫婦別姓とするべき
という考え。
これは、もっともっとこっちになってから、聞いた言葉なんだけどね。
これが、妻が俺の家に最後まで馴染まなかった理由。

要するに、日本の結婚形式では、妻はやっていけないてことなんだろうね。
結婚に向いていないってことなんだろう。知らんけど。


35: 1: 2010/08/05 (木) 01:58:50

そういうこともあり、ほかには、
実家は神道なので、妻もできるか?と聞いたところ、
それについては妻は、私には関イ系のないこと。
やりたい人がやればいいし、批判もしない。
ただ、興味はまったくないし、やろうとも思わない。
一つの宗.教.にはまりたくない。
ということだった。
ここで、俺は違和感を覚えてしまった。
言い方がね。
なんというかね。ぐさりと来る言い方なんだ。

宗.教.ってのは、自由だし、お前が続けていくのなら
その姿を見て、嫁なら、興味を持つさ。普通は。
と、父も母も、結構楽観的だった。根拠のない自信を抱えて。

結局、妻はその部分に対しても、馴染まなかったなぁ。
付き合っていたころは、そういう話もして、結構聞いてくれてたのに
もう、そういう話をすると、返事はするけど意識は別、みたいな。
感じになってしまっていた。
そして、それまでに色々あったけれど、入籍することができた。
それが、2008年の秋の話。晴れてか曇ってか
俺たちは夫婦になったんだ。




36: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/05 (木) 02:00:35

>>34
>なぜ嫁となる人の家に
>先にあいさつに行ったのか。こっちが先だろうが。

こういう順番にこだわるのって、初めて聞いて驚きなんだが、
関西方面では、そういう掟があるのかい?

俺の実家(北部九州)にはないんだが…
俺も含めて周囲の連中も先に嫁の家に挨拶して嫁両親攻略後に
男側両親に女性を面通しして具体的な結婚話開始、という展開が多いけど。


39: 1: 2010/08/05 (木) 02:06:55

>>34
母親の実家ってのが、京都の北部の超がつく田舎で
どうやら、そこの掟らしい。
俺はその掟を子供のころからずっと聞いて育ってきたもんで。
それが当たり前だと思ってたけど・・・
36さんとは逆だねぇ。まず息子が彼女を連れてくる。
親がOK出す。それで、彼女の家に行く。
よく考えたら、うちの掟が変だね。これ。私物化の前兆の気がす。
嫁のほうが立場が悪いんだから、みたいに見える。


40: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/05 (木) 02:15:02

思うんだけど、嫁はさ、すごく自己中心的なんじゃないのかな?
>>1さんの家へ嫁ぐ、嫁になる、という認識を持ってはいないんでしょ?
戸籍上一緒になって、行為しまくって、共に生活出来たらそれで充分、他の事?シラネ、って考えだったんでしょ?
言っちゃ悪いけど、嫁は社会的常識がないと思うよ
礼節ってのを知らなさすぎだし、なんていうか、「変な人」っていう印象を持った

あと、やっぱり先に>>1さんの実家へ挨拶へ行かせるべきだったと思う
嫁の実家は二番目
その後嫁の両親が>>1さんのご両親へ挨拶へ伺うべきだったと思う
それと宗.教.だって、嫁入りしたんだから主人である>>1さんの実家の宗.教.に改信しなけらばならない
他人事のように言っている嫁は頭おかしい
夫婦別姓なんて言語道断
嫁は米青神的には不健康だったのではないですか?
ただ若いあなたの肉谷欠に溺れているだけで他の事はどうでも良かったという印象を持ちました


43: 1: 2010/08/05 (木) 02:42:06


ありがとう。なんだかここの住人の皆さんは
やさしいなぁ。マジで、リアルに今、泣けてて、
ディスプレイぼやけてるよ。

>>40さん、あなたは、俺の心の代弁者ですね。
結婚してから、抱き続けていた違和感ってのが、まさにそこ。
嫁になるという認識が無いということ。
そして、俺が当主であるということの認識が無いということ。
後で書くけれど、身内に対する思いやりが無いということ。
相当、変な人と、俺は結婚したんだと今では思っています。


46: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/05 (木) 03:09:21

>>1
そうだよな。解かるよ。出会った時の勘は俺も同じ。
勘って、純粋な真っ白な状態だから間違えないよな。

でも、何で出会った時に良く見えるんだろうね?
周り見ても、相性の悪い者同士が夫婦になるんじゃないかと思う。
しばらく経つと、元の相性の悪い二人に戻るから今が普通なんだよ。
相手を変えようとか、自分の好みになれば良いなんて期待は無理。
「ありのままの嫁を愛そう。今、彼女にしてあげられるのは何だろ?」
夫婦でも親でも変えられないよ。変えられるのは自分自身だけ。
それでお互いの縁が切れれば卒業だし。決して離婚は悪いことだと思わん。

まあ苦しまず、魂が成長するプレゼントだと思って頑張って。


55: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/05 (木) 13:16:06

んーなんかどっちもどっちって気がするなぁ
要するに根本的に相性悪かっただけの話しだと思うが。

俺が特に気になったのはまず父親をそこまで毛嫌いする
彼女に対してどうしてちゃんと話しを聞いてやらずに会おうとしたのか?彼女は人が怒ることとかドナることとかに遭遇すると鬱状態になるって書いてるのでひょっとしてこれ父親が原因じゃないのか?
そう言う話しは書かれてないけどきちんとしなかったのか?
なんとなくだけど彼女トラウマかかえて
るんじゃないの?

それと1君自身じゃなくて1君の母親。
いくら田舎の風習だからと言ってそれを息子に押しつけるのはおかしいよ。
この件に関しては1君も「まぁもっともな話しだった」って書いてる所から
すると母親に毒されてる様な気がする。

それと式が神式のことについてだけど

>宗.教.ってのは、自由だし、お前が続けていくのなら
>その姿を見て、嫁なら、興味を持つさ。普通は。

いや、これは興味なければ興味ないままだよw
1君は知らず知らずのうちに嫁さんを自分の宗.教.に強制させようとしたことないか?
当初は嫁さんも1君のために努力したと思う。
だけど何らかの理由で馴染めなかったのか1君のことに嫌いになって合わせたくないと思ってたのかもしれないな。

嫁さんも確かに夫婦別姓の事とかちょっと「あれ?」って思う事もあるけど何かしら理由があると思うよ。その辺の話しをちゃんとしてなかった印象があるのだがどう?

今、俺たちは1君の一方的な話しを聞いてるだけなのに俺の中で
1君に対して「え?」って思うこと結構あるんだわ


66: 1: 2010/08/05 (木) 23:14:20

今帰ってきました。
昼間はネットができないので、今みんなのレスを読んだよ。

>>55
言葉足らずでごめんよ。
妻が義父のことは話そうとはしないんだよ。
けれど、米青神的にずっと不安定なのは、不安定だったみたいだ。
中学の頃から、そうだったらしい。
俺はきちんと話をして、解決できることであるなら、解決したかったしなによりも、もっとこのことについて、話し合いたかったのだけれど
君に話したところで、どうにもならないし、話すたびに思い出して、父親の存在を否定しているのに、存在していることを前提に話をしなければならない。

ようは、父親の話はやめてほしい。
と言われたんだ。そこから話をしようとしても、話をそらすので
それこそ、話にならんかったよ。

式の話は、まだしていなかったけれど。
まぁそこに結局つながる話ではあるんだけどね。
興味がないのは、興味がないのはわかってるよ。
俺も、どういう根拠でそんなことを親が言ってるのかはわからん。
妻は、最初から興味はないようだったし、話は聞くけど、それ以上は
という感じだった。

>1君は知らず知らずのうちに嫁さんを自分の宗.教.に強制させ
>ようとしたことないか?
知らず知らずのうちだとしたら、答えようがないけれど
あったかもしれないし、ないとも言えるし。
何とも言えないよ。

>当初は嫁さんも1君のために努力した
>と思う。だけど何らかの理由で馴染めなかったのか1君のこと
>に嫌いになって合わせたくないと思ってたのかもしれないな。

妻が努力したって、どうしてわかるのか教えてほしい。
何らかの理由があるのは、そりゃそうだと思うよ。
何においても全てのことには理由はあると思うんだ。
ただ、俺のことを徐々に嫌いになっていっていたんだろうなと思う。
俺や、俺の親や兄妹を含めてね。




67: 1: 2010/08/05 (木) 23:15:18

途切れてしもた。

>嫁さんも確かに夫婦別姓の事とかちょっと「あれ?」って思う事
>もあるけど何かしら理由があると思うよ。その辺の話しをちゃんと
>してなかった印象があるのだがどう?

妻は夫婦別姓に対して、賛成しているというだけで、入籍をするというときにはごねることもなく、ちゃんと俺の名字を名乗ってくれたよ。
テレビなんかで、田嶋○子みたいなのがいるでしょ。
あの人の意見をいつも指示してるのは指示してる。

>今、俺たちは1君の一方的な話しを聞いてるだけなのに俺の中で
>1君に対して「え?」って思うこと結構あるんだわ

うん。だと思うよ。一方的であるが故にってことと、俺は常識外れなところがあるってことも判ってるよ。
でなきゃ、妻が一人になりたいなんて、言わないよね。
はしょって書いているので、行間には時間が流れていて、そこにはいろんな出来事があって。
>>55さんのように、いろいろ考えて意見を言ってくれるのは
すごくありがたいです。
友達がいない俺にとっては、本当にうれしいことです。


68: 1: 2010/08/05 (木) 23:21:37

昨日は、俺と妻が入籍したってところまで、書いたので
その続きを書いていきます。


70: 1: 2010/08/05 (木) 23:31:24

同棲生活を続けていたので、入籍したからといって
特に生活に何か変化が出てきたことはなかった。
ただ、行為の回数は、目に見えて、どんどん減っていって
といっても、元がしすぎなので、普通になったんかもしれないんだけど。
週に3回ほどに減った。

当時の俺としては、かなり不満だったんだけど、まぁ世の中には
したくてもできない人もいるんだし、相手がいてもできない人もいるんだから
俺はまだまだ幸せだ。とか思いながら生活してた。
その時住んでいたマンションの近くには公園があったり、若い夫婦の家がたくさんあって
昼間は幼子の声が、結構響いていた。
妻は、それをすごく嫌がっていたんだ。
理由を聞くと、赤ちゃんのことを思い出すから。
と言ってた。

俺はそのセリフを聞くたびに、役立たず具合をもろに指摘されてる気になったんだ。
あんたじゃどうしようもない、この傷を治せるのは、時間でもあんたでもない。
って、言われてる気がしてね。

というのも、行為の数が減ったのを、どうしてか聞いたことがあって。
行為をすると、どうしても赤ちゃんのこと(流○したこと)を
思い出してしまうから。って、言うんだよ。
そこで、あれ?って思ったのが、名古屋での生活のことだった。
あんなにしていたのに、毎回、無理やり、俺は、嫌がる妻を、○していたのか?
と思うようになってしまい、求めることができなくなってしまったんだ。
それにしては、あんなにしていたのに、とも思ってたよ。


71: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/05 (木) 23:39:17

4円


72: 1: 2010/08/05 (木) 23:42:56

年末。俺の実家に行って、正月を迎えようと言ったら
嫌だ。という答えが。
理由を聞くと、緊張するから。
何に緊張するのかと聞いたら、
君の両親に。という答え。
そこでまた違和感。
仲良くなれとは言わないけれど、緊張て。
もう、あなた、35歳も超えて、結婚も経験してきた立派な大人の女性でしょう?と思ったのだけれど、
まぁ、米青神的に不安定な妻なので、しょうがないかなと思ってた。
責める気なんて毛頭なかったし、まぁ、そのうち実家に行く回数を増やせば慣れてくるだろうと思っていた。

緊張するから嫌なんじゃなくて、実家に帰れば大きな神棚があるし
両親のニコニコする笑顔とかも、自分をこの家に取り込もうとしているから近寄らないようにしなければ、と思っているんじゃないかと、俺は今思っている。
本人に聞いたわけじゃないから、確かじゃないんだけどね。
俺の被害妄想だったらそれでいいんだけどね。

その時の正月は、明けてから、実家に向かい、夕方にはすぐに帰った。
両親ともに、すごい残念そうだったなぁ。妻のこと、本当に好きになって
自分の娘として、思っているって、言ってたから。
自分の本当の娘が、元気な状態じゃないからね。
だから、余計だったのかもしれない。



73: 1: 2010/08/05 (木) 23:56:59

話が逸れたね。
次の日、今度は妻の実家に行くことになった。
相変わらず妻は実家嫌いで、俺が行こうと言っても、しぶしぶ。
たくさんのごちそうを食べさせてもらって、俺も、かわいがってもらってるなぁと
すごく嬉しかったんだ。
正月も過ぎ、その一年間は、すごく穏やかに過ごせた。
週に2回ほど行為をし、一緒に買いものに行き、車で出かけたり
電車でどこかに行ったり。
すごくすごく穏やかで、幸せだった。
けれど、このあたりぐらいからかなぁ。
何個目かわからない違和感を感じ始めたのは。

妻は写真家なので、写真家の集まりってのがある。
月に一度、例会という名目で品評会と食欠み会があるのだ。
俺は一度だけ参加させてもらったんだけど、二度と来るなと言われた。
何もしていないし、ただ、写真家の人たちの話を聞いていただけなのに、だ。
妻にとって、写真というのは、俺というよそものからは不可侵なもの、
言ってしまえば己の聖域とでも言うのかな。
でも、ちょっとひどかったよ。俺も写真やるのにさ。

このころって、つまり、俺が例会に行ったころから
毎日やり取りしてた、ラブラブなメールが素っ気なくなっていった。
今から、帰るよ。今日はいじめてやろうかのぅ。とか送ったら
以前だったら、
いやん。もうこの、す・け・べ(はーと)
みたいなのが、
はいはい。
みたいなのに変わっていったんだよ。

で、ずっと胸や尻を触っても、怒りもしなかった妻が
その辺りから急に、怒るようになった。それも本気で。
嫌よ嫌よも好きのうち、とかいうレベルじゃなくて。
本気で嫌がってた。
レスモードに入ってしまったんだ。





74: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/05 (木) 23:57:17

>>1の結婚の動機は何だったんだ?
世界中を(場合によっては親も)敵にまわしても「こいつを幸せにする」ではなかったのか?


76: 1: 2010/08/06 (金) 00:11:53

>>74
一緒に生きて行きたい。手をつないで、どこまでも。
それが結婚の動機で、プロポーズの言葉だよ。

妻がレスモードに突入する前後ぐらいに、式を挙げようという話になった。
妻も俺も、式は挙げる予定はなかったんだが、実家の両親も、義理の両親も挙げておくのが、良いのでは?ということだった。
義理の両親は妻が二度目の結婚なので、好きにしてくれればいいけれど。
と言ってくれたけど。
やっぱりというか、なんというか、妻がものすごく嫌がった。

で、タイミングがいいんだか、悪いんだか、実家の両親からちょっと、戻ってきなさい。二人で。 という連絡が入ったんだ。
これも、妻はものすごい嫌がって、ぐずぐず言いながら、先延ばしに先延ばしにしようとして
結局行ったんだけど、もう、車の中で、ものすごい嫌がっていた。
なので、そんなに俺の両親が嫌いなのか?とついきつく言ってしまったんだ。
したら、泣き出して、そんなんじゃない。
嫌いじゃない。嫌いじゃないんよ。
それしか、言わなくなってしまって、俺は自己嫌悪になって、
けれど、腹のどこかでは、俺、そんなに悪いことしてるのかな。
女を泣かすほど、悪いことしてるのかな。と、思うようになった。

実家についたら、案の定、挙式についての話だった。
両親は希望があったようで、その希望と、けじめをつけるためにも
式は挙げて欲しいということを、俺と妻の前で話したんだ。
妻曰く、入籍したのに、挙式もするの??ってことだった。
てめぇら親が、やいやい言うから、入籍はしてやったのに、
挙式までしろってか?
ってことだったらしい。平たく、口汚く言えば。
両親は、妻が宗.教.的なことに関して、無関心だということを知っているので
神式で挙げろとは一言も言わず、好きな挙げ方でやりなさい。
ってことだった。妻は、何も言わなかった。はい。とだけ言ったと思う。小さな声で。


75: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/06 (金) 00:07:01

奥さんB型?


77: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2010/08/06 (金) 00:11:59

お互いのどこに惹かれて結婚したんだ?


78: 1: 2010/08/06 (金) 00:18:37

>>75
A型だよ。全然、そうは見えないけれど。
口では、B型大嫌いなんだとさ。
自分に似ているから、なのかね?

>>77
家事全般は平均的、行為の相性も良かった。でも何よりも
俺は妻の、可愛らしさに惹かれたんだ。

妻は、俺のどこに惹かれたんだろうな。夫婦なのに、知らないんだよ。
教えてくれなかったよ。だいたい何度も聞くことじゃないだろうし。
俺のどこが好きなんだ?と聞いても、さぁね。とだけしか聞いてない。
俺の、「さぁ」に惚れたんだろう。妻は。


おすすめ記事情報



まとめ連合