まとめ連合

変態中学生が本能に任せて女子の下着を探した結果… プールの時間があったお陰で俺に親友が出来た。



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:34:51.249 ID:S/6sl75T0.net


中学生といえば性欲の化け物だけど、俺は当時そこらへんの厨房の何倍も性欲があったと思う。

中学2年の夏、俺は毎日妄想でシコることに嫌気がさして新たなオカズを探していた。

河原でエロ本探してみたり、親の目を盗んでパソコンで検索してみたり。

ただ、どれも今ひとつ。

イマイチなネタでイった後に訪れる虚しさと透き通った思考は俺を導いてはいけない結論に導いた。

ゆいちゃんのパンツの匂いを嗅ごう!



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:34:52.104 ID:zkuRC7w+d.net


イイハナシダナー



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:35:52.ウンコ ID:S/6sl75T0.net


ゆいはクラスメイトで、大きな目とさらさらの髪、透き通るような肌の美少女で、俺は妄想でよくゆいを登場させ犯しまくっていた。

考えてからの行動は早かった。

俺はプールの授業がある日を見計らって、親に

「体調悪いから五時間目から行くよ~」

と言って遅刻の連絡をしてもらった。

狙うは4時間目のプールの授業。

更衣室はプールに併設されているが、授業の時間は誰もそこには近づかない。

俺はまだ見ぬゆいのパンツとその匂いを想像しながら時が来るのを待った。



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:37:16.567 ID:S/6sl75T0.net


11時半ぐらいだったかな?午前だってのに日差しが厳しくて、今日プールに入ったら気持ちいいだろうなぁなんて、頭の隅で考えながら、俺は女子更衣室の前にいた。

女子更衣室は校舎の陰になっているからここまで来たら見つかるはずはほとんどないんだけど、俺はここに来て緊張していた。

見つかったらどうする?

いじめられるよな?

でもあと数メートル先にゆいがついさっきまで履いてたパンツがあるんだ。

なにかしら液体がついてるかもしれない。

ビビる心を必死に抑え、憤る下半身を頼りに、俺は更衣室に足を踏み入れた。



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:38:20.779 ID:NLMwP73p0.net


パンツが溶け始めてるから早く



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:40:05.738 ID:S/6sl75T0.net


侵入はあっけない程うまく成功した。ゆいのパンツを見つけ出すのも。

俺はあらかじめ、ゆいの使っているプールバッグのデザインを把握していたから発見するのは一瞬だった。

俺は、触れた形跡が残らないように、ゆいのパンツを探すため少しずつ荷物を取り出した。

几帳面に折畳まられた、制服の下、縛られた小さなビニール袋を見つけた。

これだ!

俺は震える手を抑えながらビニール袋を開けて中を覗く。

そこには、可愛いらしいストライプの下着がセットになって入っていた。



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:42:03.341 ID:VJFFC0tS0.net


更衣室無いようなゴミみたいな学校にいきたかった



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:42:52.685 ID:S/6sl75T0.net


俺は歓喜に打ち震えながら、それでも冷静に音を立てないように、畳まれていたゆいのパンツを開いた。

ゆいのまんこが直接触れていたであろう、クロッチの部分に黄色いシミがついていて、俺は勃起を抑えられなかった。

恐る恐る、シミの部分に触れる。

驚くことに、そこはまだほんのりと湿っていた。

次の瞬間、俺は左手でゆいのパンツを顔に当てがい、右手で自分のチンコをしごいた。

ゆいの、ゆいの、おしっこ(当時、マン汁は全部おしっこだと思ってた)

俺は頭の中でそんな事を繰り返しながら、ゆいのパンツから薫酸っぱい匂いに包まれ、一瞬で射精した。

ズボンを履いたまま、いじっていたからパンツの中が気持ち悪くて、俺はすぐに冷静になった。



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:46:01.951 ID:S/6sl75T0.net


俺は一刻も早く更衣室を出たくなった。

とりあえずズボンはそのままにして、ゆいの下着を戻す。

正直この作業が一番緊張したし、死にたくなった。

射精後の虚無感と冴える頭は、時に人を絶望させるらしい。

急いで片付けを終えた俺は女子更衣室を出た。

空はさっきより一層晴れ渡っているように見えた。

授業が終わるまではまだ時間があるから、とりあえずトイレに行ってズボンを洗おう。

そんな風に考えていた矢先のことだ。

校舎の陰に隠れるように、俺のいる更衣室の方へ向かってくる人影が見えた。



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:48:13.869 ID:S/6sl75T0.net


俺はとっさに建物の陰に隠れた。

どうやらその向かってきた人物は男子生徒で、俺に気づいてはいないらしい。

男子更衣室と女子更衣室は併設されているから、きっと遅れて授業に参加するつもりなのだろう。

俺は彼が男子更衣室に入るまでそのまま陰でやり過ごすつもりで、じっとしていた。

彼がこちらに近づくたび、曖昧だった輪郭がはっきりとしていき、それが俺の大嫌いかイケメンバスケ野郎の山田(山田涼介に似てる、ゆいと付き合ってる噂がある)だと気づいた。

山田は荷物も持たず幾分緊張した様子で周囲を伺っていた。

まさか…



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:48:50.406 ID:8seteX9B0.net


ゴクリ



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:48:57.042 ID:iSgjmFMH0.net


いいな青春



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:53:08.516 ID:S/6sl75T0.net


思った通りだった。

山田は決意を固めるように大きく深呼吸すると女子更衣室に入っていったのだ!

俺はおかしくてたまらなかった。

あのイケメンが、スクールカースト上位の野郎が、鼻の穴と股間を膨らませて女子のパンツを漁っている姿を想像したら笑いが止まらなかった。

俺は山田がパンツを漁ってる姿を発見したていにして、糾弾してやろうと、再び女子更衣室のドアを開けた。



そこには、ゆいのパンツを顔に当てがいチンコをさすっている山田がいた。



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:56:41.844 ID:S/6sl75T0.net


「なにやってるんだよ」

俺が声をかけると、山田は一瞬ビクッとした後、全てを諦めた悟った表情をして

「見つかっちゃったなぁ」

と言った。

俺はてっきり言い訳をするものだと思っていたから、山田があっさりと自分の罪を受け入れたことに驚いた。

むしろ自分と同じ行動をしている山田に好感さえ持ってしまっていた。

「先生に言うんだろ?いいよ、気持ち悪いもんな」

俺が黙っていると、山田は続けた。

俺はその問いには答えずこう返した。

「そのパンツ、酸っぱくていい匂いがするよな」

俺たちの友情はここから始まったんだ。



おすすめ記事情報



まとめ連合