まとめ連合

日帰りバスツアーで私の足に釘付けのエロガキに足○キした結果www


これは私が26歳の時です。私は同い年の旦那と小学2年生になる息子と共にある日帰りバスツアーに参加しました。当日は夏休みの真っ最中なこともあり、バスツアーには私達を含め多くの子供連れの家族が参加していました。

バス内ではちょうど3人掛けのシートになっており、私達家族は窓際に息子、まん中に旦那、通路側に私という順で座りました。そしてバスが出発してしばらく経ったころでしょうか。私は後ろから”ある視線”を感じました。



思わず後ろのほうを少し見てみると、私達のちょうど斜め後ろの座席の同じく通路側に座っている1人の男の子が私のほうを

何やらジーと見ている気がしました。

年齢的に、息子よりも少し年上なので小学校の高学年くらいでしょうか?

隣には老旦那婦が座っているので、おそらくその子は、、おじいちゃん、おばあちゃんと参加しているようです。



「ケンちゃん。本当に窓際じゃなくていいの? とってもいい景色よ?」



その子のおばあちゃんと思われる人がその子に問いかけているようですが、、その子は相変わらず私のほうをジーと見ながら。

「いいよ。おばあちゃん。僕。こっちのほうがいいっ」

とおばあちゃんに言い返していました。



『珍しい子ね。窓際じゃなくてもいいなんて。おじいちゃん、おばあちゃん思いの子なのかな。』

私は少しその子に関心しました。



ただ。その子ですが。最初は通路側で見るものもない為、たまたま視線がこちらに向いているだけかと思いましたが

どうも先ほどからまったく視線を逸らすことなく。相変わらず私のほうをジーと見ています。

その子は私の全身の中でも。特にある部分をジーと見つめているようでした。



当日の私の格好ですが、、上は普通のシャツですが、下は夏で暑いこともあり、、、。脚の付け根までしかない、

かなり短めにカットされたデニムのショートパンツとサンダルという格好で、大胆に生脚を露出していました。

その子はどうも先程から。特に露出している私のその”脚”をジーと見ているようでした。

『何?あの子。私の脚を見てるの?』

試しに私が少し脚を組んでみると、、、その子はこちらからでも分かるように目を見開き、首を傾けて、食い入るように

私の脚を見てきたため、間違いないようでした。

『へぇ~。あんな子供でも、私のこの脚に見とれちゃうんだ。』



私は当時まだ学生時代から続けていたモデルとして働いていました。

中でも”脚”は自分にとってもちょっとしたセールスポイントの1つであり、業界の人からもよく褒められていました。



なのであんな子供でも自分の脚線美に見とれてくれてると思うと、恥ずかしい話ですが少し嬉しく思いました。

ただ、子供相手とはいえあんまり露骨にジーとと見られるのもなんとなく嫌なので、私はその子の視線から脚を隠すように

座席に備え付けてある毛布を自分の脚に掛けました。

「ちぇ。」

後ろからかすかにその子の舌打ちが聞こえた気がしました。



そうこうするうちにバスツアーは昼食になりました。

私達ツアー参加者は、食事どころのそれぞれ決まった席につきました。

『あ、、』

私は少し驚きました。



私達家族の横の席には、、つい先ほどバス内で私の脚を見てきた男の子の家族が割り当てられたようでした。

その子ですが、私がいることに気づくと、案の上

「おじいちゃん。おばあちゃん。僕、、こっちがいいっ!」と私が座っている真横の席を陣取ってきました。

『う~ん。どうしようかな。』

なんとなく嫌な予感がした私は旦那と席を変わってもらおうかと一瞬迷いましたが、

まあこんな子供相手に変に意識するのもおかしいかと思い、そのまま席についてました。



昼食が始まり、私達ツアーの参加者は皆思い思いに出されたご当地グルメを楽しんでいます。

旦那や息子も「おいしい♪おいしい♪」と喜び、ご満悦のようでした。

ですが私のほうはというと、食事を楽しみながらも

『もう、、、この子。また見てるの。』

と、、隣に座る男の子の視線がなんとなく気になっていました。



その子は、今回は他の人の目もあるため、バス内の時のように露骨ではありませんが、相変わらず私の”脚”を覗き見してきているようでした。

他の人にばれないようにするためか、食べ物を口に運ぶ時にわざとらしくかなり首を傾げることで視線を下に向け、

隣に座る私の”太もも”をまるで舐め回すかのように見てます。

その顔を見てみると顔を赤く上気させて、うっとりとした表情を浮かべて私の太ももを見つめていました。

その目も。子供のものとは思えないなんとなくねっとりとしたイヤラシイ目線に感じました。

『やだ。なんか。やらしい顔。子供の癖に。』

それを感じた私はさすがに、自分の鞄を膝の上に置き、、その子から自分の”太もも”を隠しました。

「ちぇ。」

その子は。また回りに聞こえないように軽く舌うちしたようでした。



しかし、今度はその子はそれで懲りないようでした、、

突然カラーンという音が。私が座っているテーブルの下から聞こえました。

思わず下を見ると、私の脚のすぐ側に誰かが落としたスプーンがありました。

「あ~。スプーン、、、落としちゃった!!!」

隣のその男の子がわざとらしい声を上げました。

その子のおばあちゃんが「もうケンちゃん。どこに落としたの?拾おうか?」と言いましたが、

「大丈夫、大丈夫!僕のほうが近いから!!!」と静止し、

その子はおもむろにテーブルの下に潜り込みました。



嫌な予感がした私はその子が潜り込んだ机の下をチラ見しました。



『やだ・・・ちょっとっ!』

私は叫びそうになるのをぐっと堪えました。

テーブルの下にいるその子ですが、案の定スプーンを拾うふりをしながらすぐ目の前にある私の脚を。

目を見開きながらジーと”凝視”していました。

それも私の太ももから、、ふくろはぎ、、果ては脚の先まで。私のショートパンツから伸びる”生脚”を舐め回すように見回し、

なにやら。はぁはぁはぁと興奮している様子です。



『も~。何なのよこの子。もしかして脚フェチ?』



私は思わず、意識的に脚を動かしてその子の視線から隠そうとしますが、

テーブルの下で間近で見られてるためどうにもなりません。

その子ですが、、、私の動く脚を間近で見て。相当興奮しているのか。なんとなく顔を私の脚に近づけてきています。

私の脚には、その子の荒い鼻息が当たっているのが分かりました。

さらに私の脚にその子が手を伸ばしてきているようでした。。明らかに私の脚を触ろうとしてきているようです。

「やっ・・・」

私は思わず自分の脚を引っ込め、触ろうとしてきたその子の手から逸らしました。

しかし、その子は懲りずに、また私の脚を触ろうと手を伸ばしてきました。



そこまできて



「こりゃっケン坊!いつまでテーブルの下におるっ!もうスプーン拾えただろっ!行儀が悪いっ!はやく出てこんかっ!

とその子のおじいちゃんが怒るように言いました。



「あぁ!ごめん じいちゃん!もう拾えたよ。今から出るから。」



その子は残念そうににそう言い、テーブルの下から這い出てきました。



その子を顔を見ると、私の”脚”を真近くで見て相当興奮していたのでしょうか・・・・

顔はまるで熱でもあるかのように真っ赤にして、、、「はぁはぁはぁ」と犬のように荒い息をついていました。

そしてまだ名残惜しそうに私の脚を見つめていました。



そのような事があってからですが、私は意識的にバスツアーの間中、なるべくその子を避けるようにしていました。

しかし、、またいつのまにかなんとなく視線を感じるかと思って見てみると、、、案の定その子が遠めで私のほうを、、、特に私の”脚”をいやらしい表情で見てるのが分かりました。



『う~ん、、、どこかでジーパンでも買って。履き替えたほうがいいかなぁ。』



これまでの経緯から、どうもその子の”欲望”の的が、ショートパンツから露出している私のこの”生脚”であることは明白でした。

ツアーの見学先にもし適当なショップがあれば、脚を隠すジーパンにでも履き替えようかと思いましたが、

そんな小学生の”エロガキ”にわざわざそんなお金を払うのもバカらしいと思い結局買いませんでした。

それがこの後の事につながってしまいました。



バスツアーも終盤に差し掛かり、私達はツアーの目玉でもある”お城見学”に差し掛かりました。

そのお城ですが、、夏休み真っ盛りなこともあり、城内はかなり観光客でかなり混雑して行列ができてしまい、

なかなか進めない状況でした。

おまけに昔のお城というのは、かなり階段が急で、かつ狭いもののため、、そこが特に混雑してようです。

不幸にも、、私達家族もその急な階段を上る途中で行列が詰まってしまい、そこで止まってしまいました。

その時ちょうど息子が急な階段から落ちないようにと考慮して、、、息子を挟むように上から旦那、息子、私の順で並んでいました。



「やだなぁ。これじゃあ下から、、、丸見えじゃない。もうっ!旦那が下になってくれれば良かったのに。恥ずかしい。」



私は幸いにもスカートではなかったので、下着が見えることはないのですが、階段の傾斜上。恐らくちょうど私の真後ろにいる人の顔の真近に、私のショートパンツから伸びる生脚をモロに晒してしまっていることになります。

私はその事にまったく気づかなかった旦那と。そんな格好でいった私自身の浅はかさに呪いました。



『後ろが女の人だったら、、まだいいんだけど、、、』



生憎、、、私のその浅はかな希望は最悪の形で崩れ去りました。

私の下から、あの「はぁはぁはぁはぁ」という聞いた事のある荒い息と、

そしてねっとりとしたいやらしい視線が。私の脚に注がれているのを感じました。

私が恐る恐る、、、自分の背後の階段の下にいる人を見ると、、、、案の定真っ赤な顔をした”あの脚フェチの男の子”がすぐ真近にある、私の脚をいやらしい目で”凝視”しているのが分かりました。



『やだも~!!!!いつのまに。 また、この子っ!!!』



その子はどうも私が階段を上るのを見計らってすぐ後ろにつけたようです、、

事実、、、その子の保護者であるおじいちゃん、おばあちゃんはまだ私達のいる階段にも差し掛かっていない、、だいぶ後ろのほうにの列にいるようで、

さかんに「ケン坊っ!いつのまにそんなとこに並んでるっ!!!こっちこんかっ!」とその子に言っているようでした。



しかし、、その子にはまったくその声が聞こえない様子で、、自分の目の前の”獲物”である私の生脚を凝視しています、、

しかも、、先ほど昼食時の机の下の時以上の至近距離でその子は私の脚を見つめています。

「はぁはぁはぁはぁ」と興奮して、、、荒い息を吐くその子の息がモロに私の脚にかかっているのが分かりました。

『ちょっとっ!。もうっ!!!そんな見ないでよ。』

私はその子の視線から少しでも脚を逸らそうと脚をもじもじさせしますが、、、急な狭い階段上ではどうにもなりません。

「はぁはぁはぁ」

その子は眼前にある、私の脚の付け根から、太もも、ふくろはぎ、そしてつま先まで私の”脚”の隅々まで嘗め回すかのように見回し、

「えへへへへへ。」といやらしい笑みをうかべているようでした。、、

そして見てるだけでは我慢できなくなったのか。おもむろに自分の手を私の脚に伸ばしてきました。



「ひゃんっ!」

その子に”脚”を触られた瞬間、私は思わず悲鳴を上げてしまいました。

その子は私の背後から裏腿のあたりに手を這わし、、、それから感触を確かめるようにサワサワと私の生脚を撫で回し始めました。



「はぁはぁはぁはぁ。すっすげえ。すっすべすべ。あぁ。っすっすべすべだぁ・・・・」



その子は興奮し、感嘆の声を上げながら、、、かなり大胆に。私の両脚を撫で回しています。

太ももももからふくろはぎあたりまで、、、私の脚の全身をその子の手が這っているのが分かりました。



『やっやだっ。こんな脚フェチの変態エロガキに、、いいように脚を触られるなんて・・・』



私は脚を這い回るその子の手から逃れるように、、、、、、脚をクネクネ動かしてしまっていました。

逆にその行為が、、、、その子をさらに興奮させてしまったようです。

「はぁはぁはぁはぁ、、、、、すっすげぇ、、エッエロいっ!。なっなんて、、、エロい脚だぁ。」

その子は叫ぶようにそう言うと、、、クネクネ動く私の両脚をがばっと捕まえるように抱きよせ、、、私の太もも辺りに愛しむようにスリスリと頬杖を始めました・・・



「やっやぁ。こっこら。離してっ!!私の脚から離れなさいっ!!!」

私は脚に抱きついているその子の頭を掴み。必死に引き剥がそうとしました。しかし、、、その子はまるでスッポンのように私の脚に抱きついたまま離れません。

それどころか、、、赤く興奮し、、、いやらしい表情で、、、さらに大胆に私の内腿に手を差込み、、感触を確かめるように。摩りあげていました。

「んっ。あ・・ん・・いやぁ。」

内腿を触られた瞬間。私は思わずビクっとして声を上げてしまいました。

「えへぇ・・・えへへへへへ。」

私のその反応で、、、その子は子供とはいえない、、イヤラシイ笑みを浮かべ。私の内腿をさらに大胆に触り始めました。

私は内腿が性感帯なのでしょうか・・・その子の手が内腿を這い回るたびにビクビクとし、、その子に触られながら。

「あっ・・・あっ・・・あぁン・・・」

と小さいながらもいつのまにかはしたない声を密かに上げてしまっていました。



城の階段上で。その子は私の脚に抱きついているような格好で。かなり大胆に私の脚を触っているようでしたが、、

ちょうど死角になっているのか。その子の後ろに並んでいるツアーの客はもちろん、、私の上にいる旦那と息子も

その子の”行為”に気づいていないようです・・・

しかし、さすがに私のその”様子”を見て。旦那と息子は気づいたのか。



「おい?なんか顔真っ赤だぞ。疲れたか?」

「ママ~。大丈夫~???」



と私に声を掛けてきました・・・・



「う。うん。大丈夫。大丈夫よ。」

私はその子に”脚”をいやらしく触られながら。気づかれないようにそう答えました。



しかし、、おもむろに私の太ももに、、ねっとりとした感触のものが吸い付き。私は思わず。

「あぁンっ!!!」と声を上げてしまいました。

私が思わず、、下を見ると。脚に抱きついているその子が私の太ももに吸い付き。チュパチュバとキスをほどこしていました。

『いや、、、ちょっと。』

私は太ももにに吸い付いているその子の頭を掴み、、、ぐいぐいと引き剥がそうとしましたが、まるでスッポンのように離れません。

おすすめ記事情報



まとめ連合

コメント

  1. 名無しさん807947

    長すぎ疲れた

  2. 名無しさん808054

    これどっちだ?