まとめ連合

男なのに中3まで女として育てられたせいで、自分が男である事に気付かなかった。イジメられ続け矯正不可能に



haruna1



引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その19】

365: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金)13:49:55 ID:3b0
生まれてから中3まで女の子として育てられてたた事。

うちは代々跡継ぎが女と決まってるんだけど

残念ながら生まれたのが男だったからってのが理由らしい。

名前もミユキとかエリカみたいな完全な女性名。
実際自分自身も小学校2~3年生くらいまでは本当に女の子だと信じて疑わなかった。

フリルやリボン大好きだったし外でおいかけっこするより

部屋でお店屋さんごっこや匂い消し道具を見せ合いっこするのが楽しかったし

ディズニープリンセスになりたかったし

誕生日に可愛いドレスを着せてもらえるのが心底嬉しかった。

保育園でも男の子の友達よりも圧倒的に女の子友達が多かった。



というより男の子達はガサツだし

「うーこwww」とか「ちーんwww」みたいな言葉言って喜ぶしで

ぶっちゃけ嫌いだったんだと思う。

トイレも女の子用を使ってた。(これは親がなんか頼むか何かしてたからだと思うけど。)

小学校に上がってもやっぱり女の子と遊ぶ事のが多かったし楽しかった。

背中の真ん中あたりまで伸ばしてた髪の毛を

みんなに可愛い素敵って言われるのがすごく嬉しかった。

けどある時上級生から「女にはちーんが無い。」って聞いてから不審に思い始めた。

自分は女の子なのにちーんがなんであるの?

女の子達みんなちんち◯があるんじゃないの?って。



女の子友達にそれとなく聞いたらやっぱり誰も付いてなかった。

女の子で付いてるのは自分だけだった。

悩んで悩んで悩んで、でも親に聞くのは何故か怖くて悩んでる事を忘れる事にした。

けど2年生に上がった頃に同級生から

「名前女の子みたいだよね。可愛いから羨ましい。」って言われて、

「だって女の子だもん。」って答えたら

「違うよ!だっておちーん付いてるじゃん!」って言われてなんか絶望した。

ショックが大きすぎたのか、見事な10円ハゲが出来て1ヶ月くらい学校を休んだ。

親にも「悩んでる事があるなら言って。」と言われて、

「なんで自分にはちーんがあるの?女の子にはちーんないはずなのに。」と暴露。

この時初めて、実は自分は男の子なんだと教えられた。



「私もあのガサツな男の子なの?イジワルしてくるあの子達の仲間なの?」

って凹んだよ。もうベッコベコにw

ハゲが無くなって学校に戻ったら女の子友達はまた同じように遊んでくれたけど、

なんとなく自分が自分で恥ずかしくなって距離置いてしまうようになった。

全く喋ったり遊んだりしないわけじゃないけど、

それから卒業まではソフトな感じにぼっちで過ごした。

私はこのままじゃダメだと、中学では男の子として過ごそうと決意した。

頑張って「俺」って言ってみたし髪も坊主にしたけど結果としてはダメだった。

男女とかキモ子とか言って3年間イジメられ続けた。

イジメも辛かったけど、髪を失ったのが辛かったし恥ずかしかった。



だいぶおさまったと思うけどたぶん未だに仕草や喋りが女っぽさが残ってると思う。

このまま死ぬまでキモ子なんだろうなと思うと死にたい。
366: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金)17:47:37 ID:n8r
>>365

今何歳なのかわかんないけど努力で変わるから大丈夫

足は開いて座るとか、喋り方とかも男っぽい友達の真似をすればいい

もしかしたらちょっと女っぽいままで受け入れてくれる人もいるかもしれないし

意外になんとかなるよ
367: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金)18:46:07 ID:qU8
>>365

いがらしゆみこの息子は男の娘

こんな生き方もあるさ

368: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金)19:20:55 ID:Qqm
>>365

他人からの刷り込みで性自認を歪められたって事かな・・・

そんな事なるんだってビックリ!

風習って迷信的になると恐いよな



自己認識が女なのなら受け入れるのも大事じゃないかな

誰が認めてくれなくても自分だけは自分を認めていいし、

自分らしく過ごすのがなによりだと思う
369: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金)20:46:00 ID:Pj5
>>365

私と逆だね。

細かい所は分からないか、

諦めや理不尽な割り切りを余儀なくされた遣る瀬無さはなんとなく分かる。



私は中学に上がるまで男として育てられた。

トイレは教員用の個室トイレを使ってたし、水泳は隔離されて受けていた。



アレがない事については、そのうち生えてくるものだと聞いていたし、

「そういう子もいる。満足に産んであげられなくてごめん」

と母が言っていたので信じていた。

ただ、「そういう風習の家」というのが通じるのも小学校まで。

中学はさすがに女としてセーラー服を着なければならず、そこで親は断念。

(ちなみに、学ランも用意されてた)

父親はスカートを履いた私を直視せず、母は腫れ物に触るみたいに急に優しくなった。



急に女と言われても、女子になれず苦労した。

下着も急には女物に出来ず、パンツの代わりに体育の短パンを履いていた。

1つ助かったのは、同じ小学校の子は私が女だと結構前から知っていたらしく、

色々教えてくれたこと。

それで下着も買えたし、女子の友達も出来た。

彼女には感謝しても仕切れない。今でも一番の親友。



ただ、今でも本質的には女性コミュニティは苦手で、

深く入っていけない。たまに可愛い女の子に会うとドキドキして話せないし、

温泉の女子風呂も後ろめたくて入れない。

男と付き合った事もあるけれど、体はヘテロで心が同性愛な状態でかなり病んだ。

逆に女性と付き合おうともしたが、倫理観も邪魔し、心と体が一致せず駄目だった。



一時期悩んで、二丁目の同性愛バーに通いつめ、本職? に男か女か判断してもらったら、

「どっちでもない。けど、同性愛の敵」って言われたのが印象に残ってる。

おすすめ記事情報

まとめ連合

コメントを残す