まとめ連合

弟が亡くなった事を「事後報告」され、すでに火葬が終わってた。弟の息子「親族は呼ぶなと言われてた」ありえない所業が発覚



1cd118245f315b6d5936cf87157120a7_8762



引用元: その神経が分からん!part388

231: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 18:47:18.96 ID:g6cHKBjQ
生活サロンのチラシの裏に書いたけど、ここの方が合ってるわ。

以下、貼り付け。



伯父が亡くなって1年経過したので思い出した。

昨年の夏に伯父が脳梗塞で倒れた。

伯父が倒れる前後に祖母が亡くなった。

それから約3ヶ月後に伯父は亡くなったんだが、

この時の伯父の息子(私にとっての従兄弟)の対応が今思い出してもひどい。
  • まず、伯父が亡くなったことは通夜、告別式が終わってからの事後報告。

    つまり、電話があった時にはすでに火葬が終わってた。

    弟である父は実の兄の最期に立ち会うことができず。

    父がなんで亡くなってすぐ連絡よこさなかったのかと聞くと従兄弟は、

    「父が親族は他に呼ばず、見送ってほしいと言った」とか言ってたらしい。

    でも、父に言わせると計画性がなくてだらしない伯父が

    そんなことわざわざ伝えると思えないし、

    亡くなる少し前からまた入院してたみたいだけど、

    そんなこと話す余裕あったのかって疑問に感じたみたいだから、

    従兄弟が面倒で嘘ついた可能性がある。 

    葬儀自体やらずに火葬して終わらせた可能性もある。



    それ以上にひどいと思ったのは、自分の父親が生きているうちから、

    死んだ祖母の遺産が自分のところにくるように手続きを進めてたこと。

    祖母が亡くなってから、うちの父が弁護士さん挟んで、

    祖母の遺産の整理してたんだよね。

    最初は伯父とやりとりしてたんだけど、

    伯父がやりとりしてる最中に亡くなったので、従兄弟とやりとりすることに。

    伯父は亡くなる1ヶ月前にはすでに入院してたらしいんだけど、

    とてもそういう書類に目を通せる状態ではなかったっぽい。



    んで、ここで従兄弟がその書類を手にとって、まだ伯父が生きているうちから、

    自分が祖母の遺産もらえるようにと、動き始めてたらしい。

    まぁ、伯父が亡くなったら祖母の遺産は従兄弟の手に渡ることには、

    法律上もともとなってるけどね。

    でも、遺産って言っても伯父は祖母に生前贈与でお金貰ってたから、

    貰える額は少ないんだよね。

    生前贈与したから、私が死んだら私の遺産は次男の父にってことだったらしい。

    いずれにしても、従兄弟の行動に呆れるしひく。
    233: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 19:33:21.50 ID:WEJQ8Vsq
    相続は争続って弁護士に言われた
    247: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 23:09:30.23 ID:4F1waPod
    >>231なんか意味がわからん。最後の私って?年齢わからん。
    248: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 23:29:39.16 ID:g6cHKBjQ
    >>247

    勢いのまま殴り書きしたからね。

    わかりにくくてすみません。

    最後の私は祖母のことです。

    祖母が「私が死んだら、次男(私の父)にやる。

    長男(伯父)には生前贈与したから慰留分のみやる」って言ったってこと。



    年齢です。

    祖母(故人)→享年87

    伯父(故人)→享年67~69(正しい年齢わかんないですが、60代後半で亡くなりました)

    父(231を書いた私の父。伯父の弟)→63歳

    従兄弟(伯父の息子)→30代前半



    こんな感じです。
    250: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 00:05:36.14 ID:erNDpX4n
    >>248

    とにかく遺言書は公正証書とかで確実に残しておかないと、

    口頭で言った言わないではどうしょうもないよ。

    うちの知り合いも死ぬ前に死ぬ人の銀行のお金全部引き出した。とか言ってたし。
    251: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 00:16:03.54 ID:FUrLuO9d
    >>250

    遺言書はたぶんなかったけど、伯父に生前贈与でお金をあげたって証明できるものは残ってたらしい。

    だから、従兄弟に慰留分あげて父が遺産もらって、もう解決してる。

    従兄弟が家裁で決着つけて、お金を少しでも多くもらおうとしてた節があったけど。

    おすすめ記事情報



    まとめ連合

    コメント

    1. 名無しさん807607

      計画性がなくだらしないと評したり
      法事や相続の連絡さえまともになくても平気だったり
      明らかに兄弟間に遺恨があるじゃん

    2. 名無しさん807610

      「計画性がなくだらしない」人だったから、息子は「あらかじめ手続き・書類の準備をする」
      人間になったのでは? 少なくとも非難されるいわれはないだろう

      • 名無しさん807613

        父親が亡くなってもすぐには叔父に知らせず、生前贈与された分とは別に更に遺産をせしめようと画策する、実に計画的で素晴らしい息子さんですなw

    3. 名無しさん807614

      次のページへとあるから続きがあるのかと思えば
      コメント欄しかなかったという・・・・・

    4. 名無しさん807621

      入院した事までは知っていたのに、見舞いにも行かなかったのか?
      従兄弟はだらしない父にもその親戚にも思う所があったんだろ。
      あるいは葬儀を出せる程の金もなかったか。
      どうせ大した交流があった伯父じゃないんだからほっときゃいいじゃん。