まとめ連合

孤独な野良猫に毎日エサをあげ続けた結果←ラストのラストで滝のように涙が流れてきた。

1:


――ポツポツ ポツポツ

猫(……雨か)

猫(今日もまた長く降りそうだ気配だな)

猫(餌探しはヤメて宿探しに変更しよう)

▼公園・公衆トイレ前

――ザァァ。

猫(そういや、あの時もこんな雨だったか)

猫(濡れたダンボール箱、少量の餌)

猫(あの人何か言いながら俺の首輪を外してた)

猫(いくら鳴き続けてもあの人は戻って来なくて)

猫(そうして三日経ってようやく)

猫(捨てられたんだって気づいたんだっけな……)

猫(もうやめよう。考えるだけ不毛だ)

猫(あの頃と俺は違う)

猫(寝床も餌も自分で探せる)

猫(俺はもう一人で生きていける)

猫(一人で、生きていけるんだ……)

猫(ん? 誰かやって来る)

タッタッタ

女「…………ふぅ」

猫(なんだ? コイツも雨宿りか?)

猫(まぁ俺には関係無いけどな)

女「……キミも雨宿りかい?」

猫「……」

女「耳、破れてる。痛そうだね……」

猫「……」

女「雨、早く止むといいね。キミも早く家に帰りたいだろう?」

猫「……」

女「え~っと。私の声、聞こえてるかな?」

猫「……」

女「……無視されちゃったか。ごめんね」

猫(何か言われた気がするが……)

猫(気にしたって何も聞こえないし、どうでもいいか)

猫(しかし音の無い世界ってのはずいぶんと不便で退屈だ)

猫(雨音すらも全然聞こえねぇ。どんな音だったっけな)

猫(まったく退屈だ。こう体が濡れてちゃ毛づくろいもする気も起きねぇ……)

10: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:16:18.07 ID:qwQNfO+x0

女「……ねえ?」

猫「……」

女「もしかして、本当に聞こえてないの?」

猫「……」

女「……」スタスタスタ

猫「……」


1:


11: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:20:00.15 ID:qwQNfO+x0

猫(雨なんて結局、避ければ濡れずに済むんだ)

猫(つまり当たらなければどうということはない)

猫(俺の運動神経なら軽く避けられんじゃないか?)

猫(右左右右左右左右左左左右)

猫(うん。やっぱり俺ならいける。いつか試して――)

女「ねえ?猫君?」

猫「!?」ビクッ

12: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:24:38.87 ID:qwQNfO+x0

猫(何だコイツ!いつの間にこっちに来たんだ!?)

女「やっと気づいてくれた。やっぱり耳が聞こえないんだね」

猫(ハァ?何喋ってんだ?こっちは聞こえねんだよ)

女「驚いても逃げないなんて、キミはきっと強い猫なんだね」

女「あっ、そうだ!」ゴソゴソ

猫(なんだよ。何しようってんだよ)

女「ほら。お昼ごはんの残りだけどあげるよ」

13: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:29:19.03 ID:qwQNfO+x0

女「こんなのしか持ってないけど、食べる?」

猫(なんだアレ……)

猫(真っ白くてツヤのある謎の物体だ)

猫(どことなく魚の良い匂いはするが……)

女「かまぼこだよ。ほら、食べれるよ」パクッ

猫(うわ、口に含んだ……。食えるのか、それ)


1:


14: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:33:33.29 ID:qwQNfO+x0

女「ほら。食べなよ」ポイッ

猫(こっちに投げた)

猫(……くれるってことか?)

女「……」モグモグ

猫(そういや、この雨で餌探し出来なかったもんな……)

女「……」モグモグ

15: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:37:13.35 ID:qwQNfO+x0

猫『……すまない。恩に着る』

 「ニャー」

女「おっ。ようやく喋ってくれたね」

猫「……」パクッ

女「意外とカワイイ声だね。目つき悪いのに。ふふっ」

猫「……」モグモグ

女「キミを見てると、昔飼ってた猫を思い出すよ」

猫「……」モグモグ

17: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:44:37.33 ID:qwQNfO+x0

女「ねぇ。少し聞いてもらえるかな?」

女「……って言ってもキミには聞こえないんだろうけど。あはは」

猫「……」モグモグ


1:


19: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:50:30.09 ID:qwQNfO+x0

女「私ね、子供の頃にキミみたいな猫を飼ってたんだ」

女「ムックって名前の猫」

女「真っ白なのに、お母さんがムックって付けちゃったんだ」

女「おかしいよね。でもね、なんか妙に合ってて」

女「気が付いたらみんなそう呼んでたんだ」

20: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:53:49.22 ID:qwQNfO+x0

女「ご飯を食べる時も寝る時もずっと一緒でね」

女「私、ムックと一番の仲良しだったんだよ」

女「私あまり友達がいなかったから」

女「学校から家に帰るのが毎日楽しみでしかたなかった」

女「ムックと一緒にいる時間が大好きだったんだ」

21: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/13(金) 23:57:20.40 ID:qwQNfO+x0

女「けれどその時間も3年しか、たったの3年しか続かなかった」

女「ムックはね、病気で死んじゃったんだ」

女「あの時は散々泣いたなァ」

女「何ヶ月も本当に何もする気力が無かった……」

女「思い出すと今でも胸が苦しくなるよ……」

22: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/14(土) 00:01:15.35 ID:WbEX9Ek30

女「でもね、悲しかったことより今は楽しかったことを思い出すように――」

猫「……」チョコン

女「あれ、もう食べ終わってた?」

猫「……」

女「ごめんね。話が長かったね」


1:


女「聞いてくれてありがとう」

猫「……」

23: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/14(土) 00:04:52.37 ID:WbEX9Ek30

猫(何かまた色々喋ってたようだけど)

猫(俺、アンタが何言ってるのかわからんのよ)

猫(ただ、飯はうまかった)

猫『ごちそうさま』

 「ニャアー」

女「“ごちそうさま”って言ってるのかな?」クスッ

24: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/14(土) 00:08:11.13 ID:WbEX9Ek30

猫(実はかなり腹ペコだったんだ。助かったよ)


1:


猫『ありがとさん』  

「ニャーオ」

女「今度は“ありがとう”かな?」クスッ

女「どういたしまして」

25: 1 ◆Ly8skjOOFQ:2012/07/14(土) 00:13:13.37 ID:WbEX9Ek30

猫(アンタは良い奴なんだな)

猫(この一飯のお礼、俺は忘れないぜ)

女「あの……かまぼこあげた代わりにさ」ウズウズ

女「ちょっと撫でてもいいかな?」ソ~ッ

猫(おっと。だからって気易く触らせはしないぜ)ヒョイ

女「あっ。避けられた……」




おすすめ記事情報



まとめ連合

コメント

  1. 名無しさん807291

    やめろ
    虹の橋の話はオレに効く