まとめ連合

子供がクラスの子に意地悪され学校に行きたくないらしい…。担任からは「本人たちに話を聞いて対処します」の一言だけだった…


>
shutterstock_147717914

引用元: ◇子蟻のチラ裏(..)φ78◇

541: 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 13:01:10.05 ID:uks0Aohp0.net
子供が学校に行きたくないと言い出した

2学期から転校してきたんだけど、

1人だけうちの子に意地悪してくるらしい

授業も邪魔される
連絡帳に改善していただけますか?と書いたけど、これでダメなら電話

それでもダメなら相手の親と話す(連絡先教えてもらう)

それでダメなら双方子連れで先生交えて面談



でいいのかな?

子供の話聞いてる感じ、一筋縄じゃいかなそうなんだ

泣きながら話してくれて、本当に悩んでるみたいで…

なんでもいいからアドバイス下さい

お願いします
545: 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 14:24:21.21 ID:zNtbZY7F0.net
先生に放課後に時間をもらって、

顔を見ながら一度話してみた方がいいと思う。

手紙だと本意が伝わらないことが多いから。
542: 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 13:10:32.66 ID:QcoLuUSH0.net
切ないよねぇ。

でも私はいろいろやってみた感じで、

電話か直接行って先生に話して

まずはアクションする前に、

注視して現場を押さえてからにしてほしいかなぁ



連絡帳だと、相手が意図せぬ取り方をしたり、

言いっぱなしできついクレームに見えたり

実態を把握しないまま介入してお互い謝ってチャンチャン

相手にしらを切られて、

こちらが悪いように言いくるめられる場合もあったり

何かと思いがけない対応につながったり

こちらの細かい要望が届かない、

その場で意見の修正やすり合わせがしづらい…

先生がうまい人ならそれだけでも、うまく行動してくれるんだけど

証拠や現場即じゃないと、追求しきれなかったときに

お子さんの立場が悪くなる場合もあるので。



あと、先生の見立てや意見が返ってくるにも一日かかる、

その間にもいろんなやり取りが起こる。

先生と意見のすり合わせしないままに現場のコトが運んでしまう。



授業については席を離す、

とかで対応しやすいからすぐにやってもらいやすいと思うから

すぐにやってもらえないかな。

席替えしたばかりなら、

学校にまだ慣れないとか黒板の見え方に不安があるとか

適当に理由付けてもらって席を離すとか。

転校したばかりで不安だろうに、かわいそうだね。
543: 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 13:24:49.03 ID:uE2GZ+dw0.net
先生って逆効果になりがちだから相手の親と

先生と子連れで面談が一番手っ取り早いし後味悪くないよ

電話でうだうだやり取りしても

子どもが辛い期間が延びるだけじゃないかなぁ



うちの先生はイジメ問題に過敏な方で、

その面談の後クラスの皆の前と別の機会に

全先生の前で謝罪させてそれから一切なくなった

(髪を切られたり器物損害があったからだけど)



勿論ここまでは意地悪の内容と年齢によっては必要ないと思うけど、

意地悪って加速してイジメになりがちだから

学校全体の問題として早めに対処して貰うのが一番だと思う
544: 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 13:34:07.10 ID:ZZy4hJIe0.net
いきなりいじめられているとズバリ言うより

「学校に行きたくないと泣いて申しておりますが

学校での様子はいかがでしょうか?」とまず相談

次に特定の子と上手くいかない様で

授業にも集中出来ないそうですがと伝えてみる

転校したばかりで心理的に不安定なので

慣れるまで少し注意して見て頂けますかか?とお願いする



ある程度経験のある先生なら上手に計らってくれると思うよ

学校にうまく馴染める様に先生に協力をお願いする形の方が良いと思う

お子さん転校して慣れなくて今一番心細い時なんだよね

家ではリラックス出来る様にして

お母さんが味方だよと寄り添ってあげて



うちの子は割と誰とでも仲良くなれるタイプだったので

大丈夫かと思ったら転校して半年位大変だった

先生とも連携してだんだん友達が出来て、

今ではみんなに転校生だったっけ?と言われる位w

そのうち気の合う友達が出来て学校に馴染んでいくから

おすすめ記事情報

まとめ連合

コメントを残す