まとめ連合

バス車内で毎回絡んでくるキチオジサンが突然私の腕を掴み連れ去ろうとしてきた。周りに引き剥がしてもらい逃れられたと思ったが



へんた




引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その12】

749: 名無しさん@おーぷん 2015/08/19(水)09:51:53 ID:bZW
今から13年程前の話 フェイクいれてます

初カキコなので読みにくかったらスマソ

長文です 携帯からなので改行は見逃して



私(当時小1)私立の小学校に市バスで通ってた。

学校まで8駅、乗車時間30分ないくらい。
  • みんな色んなところから色んなルートで通ってて、

    だいたいのルートごとにまとめられて集団登校/下校って感じ。

    でも私の通ってたルートはめちゃめちゃ人数が少なかった。

    だから時間が合わなかったりすると1人登校1人下校もわりと多かった。



    それで登校の時にバスに乗ってたら

    当時の私から見ても分かるような障碍をもったおじさんがのってくるようになった。

    足引きずっててでかい声でなにか喋ってる(喚いてる)感じ。

    駅まで母親が送ってくれて いってきまーすママばいばーい

    と手を振って乗るというのが日課だった。



    ある日、また駅まで送ってもらうとそのおじさんが母親に話しかけ始めた。

    だけど呂律が回ってない?感じで何を言ってるかいまいちわからない。

    母親も顔がひきつってる。

    バス発車のアナウンスが流れてそのおじさんバスに乗った。

    私は離れたところに座ってたんだけどおじさんこっち見てニコニコしてる。



    っていうのが1週間くらい続いた。

    母親に発車ギリギリまで話しかける。発車アナウンスに急かされて乗る。

    私から離れたところでニコニコ

    この繰り返し。



    すみませんわけます
    750: 名無しさん@おーぷん 2015/08/19(水)09:54:15 ID:bZW
    つづき



    母親は嫌で嫌でたまらなかったらしいが

    (そら目の前で喚くように大声だされたらなぁ)

    そっけなくしてしまって恨まれたりして私に被害がいくと…

    と思うと対応せざるを得なかった、と。

    まぁこれが後々とんでもない結果を招く。



    1週間ほどして母親に気に入られたと勘違いしたらしいおじさんは

    私へとターゲット変更。

    離れたところでニコニコしてたのが

    そのうち真横にぴったり座ってきて喋りかけてくるようになった。

    聞き取りにくいからはにかむことしかできなかった。

    「だばえうぁ?(名前は?)」

    みたいなね。怖くて怖くて名前教えちゃったのよ。

    「…ゆい(仮名)…です…」って。



    そこから地獄 「ヴぃぢゃーーーん」って毎日喋りかけてくる。

    ものすごい嫌だったんだけど

    障碍のある人には優しくしましょうって学校で言われてたし

    親にも教えられてたしでやめてくださいとも言えなかったし、

    親に相談したらおじさんが怒られちゃうんじゃないかと言えなかった。

    バスの時間変えるなりなんなりすればよかったんだろうけど

    そんなこと思いつきもしなかった。



    ごめん戻す。

    そのおじさんは私が乗る駅(始点)から2駅で降りてた。

    嫌だったけど2駅の我慢だったからなんとか耐えてた。それが変わった。

    降りる駅が変わった。毎日おじさんが降りる駅が

    一駅ずつ私が降りる駅に近づいていってた。



    もう私大パニックだったけど

    <障碍のある人に優しく!>

    が頭をよぎってまた誰にも言わずに耐えた。



    で、ある時

    「ヴぃぢゃん、おぃちゃんがじゅーちゅがってあげるがら??」

    (ゆいちゃん おじちゃんがジュース買ってあげるから)

    と私が降りる駅の手前で降りるように指示された。

    学校はジュース禁止だったし知らない人についていってはいけません!

    は親にも口酸っぱく言われてたから

    「だめ!いかない!だめ!」と振り払った。

    おじさんは 悲しそうに降りていった。



    つぎで最後です
    752: 名無しさん@おーぷん 2015/08/19(水)09:56:19 ID:bZW
    それからおじさんを見ることはなくなった。

    よかった…と安心してバスの中で読書する日々が続いた。

    約1週間だけ。



    1週間後、ヴぃぢゃーーーんという声 鳥肌ぶわーーー あいつだった。

    また隣に座ってきてわけのわからないことを言い出す。

    あと一駅でつく…というときおじさんが停車ボタン押した。

    はやく降りろ!と念じた途端おじさんが私の腕をつかんで降ろそうとひっぱった!!!

    小1で小柄だった私はあっという間にひっぱられて降車出口へ。

    「じゅーちゅがおう!じゅーちゅがおう!」と喚く。



    もう泣きながら「いや!はなして!!!」と叫ぶ私。

    異常に気づいた車内騒然&修羅場。

    「はなしなさい!」とおばあさんが叫び杖でおじさんを叩く。

    警察!とワタワタするOL風のお姉さん。

    「その子を置いておりなさい!」と諭す運転手。

    私を引き剥がしてくれたお兄さんはおじさんを降ろしてくれた。

    この間1分くらいだったと思うが絶対に忘れない。

    よく考えたらおじさん無賃乗車や…



    警察だめ!学校にいく!!と言う私をなだめてバス発車。

    次の駅で私は降りて泣きながら学校に行き、担任に報告。担任は親に報告。

    なぜもっとはやく言わなかった!!と怒られて再度号泣。

    バスの会社から謝罪(お嬢ちゃん怖かったね、ごめんねと電話で)

    保護者会でも報告されかなり大事になってしまった…。



    私はバスをやめ、車で送り迎えしてもらうことになった。

    それなのに同じルートの別時間帯の子の親から

    「例の人、ゆいちゃん探して色んな時間帯のバス乗りまくって声かけまくってるよ…」

    ときいて再度ぷち修羅場



    きっと悪気はなかったんだと思うけど当時の私にはめちゃめちゃ怖かったです。

    そしてつい数日前 ふとスーパーに寄ってとあるおじさん見たときに

    鳥肌たちまくってよくみたらその人だった。

    ものすごい老けててヘルパーさん?がついてた。

    車椅子の上でニコリともしてなかったな…



    長文失礼しました


    Наш популярный web-сайт , он рассказывает про Продать кукурузу в Ровенской области agroxy.com

    おすすめ記事情報



    まとめ連合