重度の障碍児を連れたAママがある日勝手にウチにあがってくつろぎ始めた。奇声をあげて暴れ回る障碍児を止めようとしたら



とまらん




引用元: その神経が分からん!その10

971: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)08:06:50 ID:voG
うちに頻繁に遊びに来るA君という子どもの友達。

学校で仲良くなって、今一番の仲良しとのこと。

A君は大人しい子で、うちに来ても迷惑になるような事は全く無い。



A君には重度の障碍のある弟が居るとの事なので

毎回、遊ぶ場所が我が家でも気にならなかった。
ところが、ある日、いつものように遊びに来たA君に

A君の母親と弟が付いて来た。

「いつもお世話になっているのでご挨拶にきました」と言う。

「それはそれは、ご丁寧に」と答えたら、

「お邪魔しまーす」と上がって来た。

え?上がるの?とビックリ。



うちの子とA君は子供部屋へ。

A君母と弟は勝手にリビングへ。

弟は、うちの犬に興味津々で奇声を上げながら追いかけ回した。

犬は普段は子どもが大好きだが、この時は異変を感じたのか、

いつもと違って激しく吠えた。

しかし弟は全くひるまず、しつこく犬を追う。



何か有ってはいけないので。犬をケージに入れたがそれでも弟はケージに手を入れる。

その間、A母はホッコリ座っていて、注意したり止めたりしない。

犬は興奮して、普段はしないお漏らしをしてしまい、私がその掃除をしていると

「あらあら」と呆れたような言い方をした。



ムッとして

「普段はお漏らしなんてしないんですよ。

今日は、突然の事でビックリして興奮しちゃったんです」

と言ったが多分それは相手に嫌みとは伝わっていない。



弟は小学生の年齢だが、喋った印象は2~3歳という感じで

時折奇声を上げながら、犬→私→A母にと次々まとわりつく。

A母は相変わらずマッタリして「この子も少し興奮してるみたい」と言う。



A君母と弟は1時間半くらい我が家に居たが、

その間、何をしてたかって、弟がウロウロとするのを追いかけ回してた記憶しか無い。

A母には、一応「お客さん」としてお茶とお菓子を出していた。

A母は、ずっとノンビリお茶していた。



2人が帰るとドッと疲れて、その日は頭がボーッとして話す事も出来ないくらいだった。



あれ以来、A母と弟は来ないけど、次回来たらお断りしなければと思う。

でも、障碍児が居ると、断るのに気を使うから、それも大変だと思う。
974: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)08:49:47 ID:qcR
A君は可哀想だけど、母と弟がついてくるならA君ごと切ることも考えなきゃ

それが世の中だから仕方ない

コメント

  1. 名無しさん 2018/05/03(木) 10:43:45

    被害が出てるのに大変とか言ってないでちゃんと追い出せよ。

  2. 名無しさん 2018/05/04(金) 03:02:08

    それ、客としてもてなす必要あるの?
    母親と弟は、迷わず叩き出してからCOでいいじゃん。